undefined MIKEGRAPHY(三毛駆楽風慰) そうかもしれない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうかもしれない

昨日、舞台を観に行くまえに、スイマーのお友達と浅草橋に焼肉ランチをしにいって、そのあと同じく浅草橋でハニートーストを食べてきました。
いやあ、普段あまり、どころかほとんど外食をすることがないので、なかなか楽しかったです。
何よりハニートーストが美味しかった!これにつきますね。
お腹がすいてるときに行ったら、多分ひとりで1つ食べそうな予感(笑)
コーヒーも美味しかったです。

そうそう。
NEWSの会報が届いたんですけど、あんな素敵な店員さんのいる店があったら毎日通いますね(きっとみんなそうなんだろうけど・笑)できたら朝6時30分とか7時とかからあいていて欲しいお店です。
そしたら毎日コーヒー飲んでから仕事いくわな。
毎日あれなら頑張れそうだ(笑)

そんなこんなな毎日ですが(余談なんですけど、仕事帰ってきて疲れちゃうとそのまま寝ちゃうんですよねえ。日記とか、次の日の朝とか書いてるし←このブログの似たようなもんか。朝4時30分に起きてPCたちあげてるんだから)世の中は水害だ、地震だ、火山の噴火だ、と何げに地球が忙しいですが、それはそれ、日本国内のことだからいいですけど、欧州は大変ですよねえ。
シリア難民16万人の受け入れをどうするかって、そりゃどうにかしないとけいないでしょうけど、どうにもならないのも事実でしょうし。
しかもみんなあれは各国負担でしょ?そしてEUに加盟してるからっていう理由である程度の難民は受け入れないといけない義務的なものが発生している。
加盟国すべてがドイツやフランスのようにある程度の財政的ゆとりのある国ならいいけれど、ギリシャや元東欧の国々はそういうわけにもいかない。
自国民を養っていくのだって困難なのに、よその国の人まで受け入れる、しかも受け入れなさいって強制されたら、そりゃその国の国民だって文句を言いたくなるわな。
自分たちだって食べていけないような状況なのに、他国の人間を食べさせる義務はどこから来るのか、と。
なんならEU抜けようかって思う国もあるかもしれない。

こういうこと言ったらあれですけどね、実はシリアの狙いってそこなんじゃないかとか、ちょっと思ってしまうわけですよ。
内戦する→国民が難民となって国外で出る→EUが助けようとする→加盟国に負担義務発生→国力格差の中での難民受け入れ半強制に反発する国が現れる→EU分裂、欧州破綻。
それはそれで、イスラム系の強硬派の率いる国なんかには非常に有利な国際情勢になるわけですよね。
敵が勝手に分裂してくれて、包囲網がゆるくなるわけですから。
国民を犠牲にしてまででもEUを潰したい、的な発想がないわけでもないんじゃないかと勘ぐってしまいます。
しかし、あそこまで国から人がいなくなって、何をもっての国であろうかとは思っています。
政権取ったってそこの住む人がいなければ何もならないじゃないか、と。政権をとってもまた反対勢力があればいつ内戦が再発してもおかしくない、そんなところに果たして国民は帰ってくるのか。
住む人がいなければそれは国ではない。
それとも自分たちに都合のいい人だけ住んでいればそれでいいって話になってるんだろうか。

なんか小説『十二国記』を思わせますね。
長年王が不在で国が荒れ、偽王が立っても国民は戻ってこない。
内戦を見ていると、そしてああいう小説を読むと、国とはなんだろう、と思うわけです。
日本だってそう。
国が傾いて行く、とはこういう姿なのだろうかとぼんやりと見ています。
ただ、この世界は神は王を与えてくれないし麒麟も与えてくれない。それがいいことか悪いことかは別として、国家元首はつかみとったその地位にあたいする思考で動かなければならないし、国民を導かなければいけない。
戦争は戦争を呼ぶこと、平和は暴力では作れないことだけは、よーく自覚して欲しいもんです。
だけど、あの学生運動もどきみたいな集団はいただけませんね。
まずもって、そこに思考がない。見受けられない。
なんか流行してるからやってる的な状況になってるし、そもそも国を思うなら国旗のひとつでもあっていいようなものだけどそれが見られない。
つまりは逆にあれが国家転覆なんじゃないかと感じます。
国を思うようで実はそうでもない、それにやってるほうが気づいてない。一番怖いパターンははまってる感じがしなくもないです。
この国がどこに転がるのか、世界がどこに転がるのかはわかりませんが、とりあえず、よそ様に迷惑をかけない、自分の思考を押し付けない、そういう世界が一番いいと思うわけです。

人は違う。
違って当然。
世の中全部が自分の思い通りに行くと思うなよ。

そんな感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきよ

Author:あきよ
中世日本史研究家。
マスターズスイマー。
出会う人に笑顔と勇気と力を与える存在。

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。