undefined MIKEGRAPHY(三毛駆楽風慰) 安土紀行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安土紀行

20150322173033186.jpg

近畿旅の2日目は、いろいr悩んでどうしようか迷ったのですが、何故か名古屋駅まで出てきて荷物を預けた瞬間に、安土に行くことを決めました(笑)
いやね、実は名古屋駅にいくまでは、犬山城と名古屋に行こうと思ってたんです。
だけど、突然降って湧いたように、安土城に行くべきだ、となってしまい、さらに米原で乗り換えるころには、『あれ?近江八幡て安土のとなり?あそこにも城跡あるじゃん、行ったことないし』という思いに至ってしまい、電車の中で安土からひと駅分清算することになっておりました。
でも、今朝早くに今日の行動は全部直感で決めよう!と思っていたので(そこだけ決めていたらしい・笑)その直感にしたがったまでなんですけどね。
もともと今回の旅自体を直感で決めたようなものだったので、きっとこれで正解なんだと、不思議な確証を持っていました。
さて、そんなわけで、近江八幡に行ってきました。
いやあ、城跡自体は非常に残念なことになっていましたよ、本当に。
西の丸、北の丸、二の丸跡にはそれぞれなにやらおかしなオブジェみたいなものが置いてあるし、そもそも恋愛成就のパワースポットとか、意味分からんし!
ここの城主、伯父さんにいちゃもんつけられて首切られてるのに、なんでパワースポット?←関白・豊臣秀次のこと。
まあ、観光産業を成立させるために、こういうことも必要なのでしょうが、それにしても石垣の整備もされてないし、もったいないったらありゃしない。
かなり期待をこめて登ったのでかなり残念でした。
まあ、景色は確かによかったし、琵琶湖を利用した物流産業で近江商人を育て、街を経済的に発展させ、美しい街並みと町割りをつくって今に残していることは評価されるべき点なのでしょうが、城跡としては小牧山レベル以下で残念でした。
もうちょっと整備したら何か出てくるんでしょうが(かなり規模も大きいですしね)まあ本丸は長いこと門跡寺が建ってしまっているので無理なんでしょうから、せめて二の丸とか西の丸くらいはきちんと整備、調査をしてほしいものです。
そこと打って変わってきちんと調査、整備されているのが安土城。
さすがは信長の城だけのことはあります。
行くたびに新たな発見をみせてくれるし、疑問ももたせてくれる。
主人であった信長レベルで興味深い、謎の多い、それでいてきちんと整った山城です。

安土城にはあくまで伝えられるところによる、というレベルでありますが、家臣だった豊臣秀吉や徳川家康、前田利家、身内の織田信澄、小姓だった森蘭丸などの館あとだ、と言われる部分があるのに、どういうわけか、あの人の館跡がないんです。

明智光秀。

信長の近畿方面軍団長であり、当時は秀吉にすら命を下していたはずの地位にいた光秀の館跡がない。
京都にいたんであろうから、なくても疑問ではないと言えばないんだけど、それにしても総司令官的立場の光秀の館がないとな何を意味するのか。
宣教師であったルイス・フロイスの表記は、光秀と信長のやりとりが安土城にて行われていた旨をよく表記している。
ということは、もしかしたら光秀は、安土城の天主のどこかに自室を持っていたのではないだろうか。
右筆の大田牛一などは、実際安土城の天主の一角に部屋をもらっていたような状況にあったようなので、光秀が信長の天主に一室を持っていたとしてもない話ではない。
そしてそこには、光秀と信長、そして一部家臣だけが知る『何か』があった。
だから光秀は本能寺の変のあと、即安土城を焼き払った、いや、焼き払わなければいけない明確な理由があった。

そういうふうに考えると、また今までとは違う安土城の景色に見えてくるし、信長が『貴様ごときの浅知恵にこの信長の思考が読めるものか、愚か者よ』と言われているようでもあるし。
謎がたくさんあって、その思考を掻き立ててくれて、また新たな知識欲をわかせてくれる、いろんな意味でのインスピレーションをあたえてくれる場所。
それが私にとっての城跡だし、石垣だし、城だし、中世日本史と呼ばれるものの存在なのだな、と安土城に行って改めて思いました。
だから、何度でも行きたくなる。
行って新たな何かをみつけたくなる。

今回の旅はこれで正解だったんだと、このブログを帰りの新幹線の中で書きながらしみじみと実感しています。(やっぱりiPadは正解だった)

また自分の行くべき道を見失いそうになったら、お城を訪ねようと思います。

きっと、その土地のいろんな魂が、いろんなことを教えてくれると思うから。

本当にいい旅でした。

明日からまた、頑張って日々を送ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきよ

Author:あきよ
中世日本史研究家。
マスターズスイマー。
出会う人に笑顔と勇気と力を与える存在。

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。