undefined MIKEGRAPHY(三毛駆楽風慰) What am I?~私とは誰か~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What am I?~私とは誰か~

加藤シゲアキさん主演の舞台『中の人』を東京グローブ座に観に行ってきました。

脚本がマギーさん(『ジョビジョバ』のマギーさん。『あまちゃん』にも出てましたよね)、演出が河原雅彦さん(嵐の映画『ピカ★ンチ』はこの人の脚本。ちなみに今回は出演もされております)という当代きっての売れっ子さんたちが関わっているというのも魅力のひとつだと思います。

とにかくこのお二人がシゲを本当によく見てるな、という内容でしたね。

ちゃんと役名もある、ストーリーのある設定なのに、私には、そこにいたのはシゲ自身であって、あそこで繰り広げられたものは、シゲのNEWSになっての10年のような気がしました。
ジュニア時代は割りとエリートジュニアとしてアイドルとしての歴史をスタートさせたけれど、いざデビューしてNEWSになってみるとそこにはもっともっと上の人気者(当時でいえば当然山Pや亮ちゃんになるわけなんだけど)がいて、いつしか自分で自分を見失っていく。
何ができるのか。
何がしたいのか。
やろうと思うけど、意見をいえばいつも自分よりももっと面白いアイデアをいう人がいるし、自分よりもっとできる人がいて、いつの間には『自分には出来ない』という言葉が多くなる。
現実と向き合っているといえばかっこいいけれど、最初から何も出来ない、やりたいけと否定してしまう、それの繰り返しで、自分で自分を押し込めて手放して、それでも何かがやりたくて迷って悩んで、でも出口が見つからなくて。
クライマックスが遍歴からいうと、おそらくNEWSから山Pと亮ちゃんが抜けた3年前に当たるんだと思います。
ついにトップで走り続けてきた人がいなくなって、自分にすべてが降りかかってきた時に、自分の中の『中の人』と対峙せざるを得なくなる。
シゲの処女作『ピンクとグレー』の中に『やらないなんてないから』というセリフが出てきますが、まさにその状況に追い込まれることになって、初めて自分の中にいた自分を見つめ直し、失敗も成功も関係なく、それを伝えていく人になる。

そしてラストが現在のシゲになるんだろうな、と思いました。

シゲの物語であると共に、それは当然見ている人すべての物語でもあるわけです。

誰の中にも『中の人』がいて、他人に見せないもの、他人が知りえない自分がそこには存在する。
人間ってのはおかしなもので、中が出来てそれから外見ができていくように見えるけど、実のところ『他人が見る自分』という外見ができて、それに見合う自分を中に構築していっているんだと思うんです。
他人はこう見てる。
だから自分はこういう人間で『なければならない』あるいはこういう人間で『いるべきだ』。
それが他人の望む自分の姿であって、そういう人間であれば自分の周囲の環境はうまくいく。
そうやって人間はつくられていくんだろうけれど、それとは別の自分がつくった自分、自分が望む自分、というものが必ずいるものだと思うのです。
そしてそのバランスが難しい。
シゲにだって、自分でいたいシゲと、周囲がつくった『ジャニーズのアイドルNEWSのメンバーで作家の加藤シゲアキ』というシゲがいる。
どっちも本当のシゲだし、シゲの中の人なんだろうけど、でも、本当のシゲの願いは何?シゲの本当にやりたいことってなに?シゲの本音はどこにあるの?
そんなずーっとシゲに聞いてみたかったこと、問いただしてみたかったことが、あのお芝居の中に全部あったような気がします。
その問は無論シゲだけではなく、私自身の中にもあるわけで。

私とは何者であるか。

私の中の人は何を言っているのか。

私はどう生きたいのか。

『生きていくべきか』ではなくて『どういう自分でありたいのか』が大事、というごくごく当たり前の、でももっとも困難な問題を提示され、その回答ともいうべきもののひとつをみせてもらった、そんな舞台でした。

コメディだしテンポがあるし、表現する方法としてコンテンポラリーダンスや映像をつかっていて、斬新でありつつもわかりやすい、だけと問いかけられることの深い内容の舞台でした。

根底のあるものは慶ちゃんが主演した『ハロー、グッドバイ』と同じかな。

まっすーの『ストレンジフルーツ』と真逆の位置にあるもの。

つまりコヤシゲとまっすーというのは人間的な立ち位置、あるいは心理として真逆にあるものなんだと感じました。

実は今日、舞台を見たあと、『テゴマスは果たしてNEWS存続を心底望んだのか(特に手越)』という話題で一緒にいた人と同意見になり、ああ、やっぱりそうみえるんだな、と改めて実感しました。

NEWSの『中の人』の本当に望む姿ってなんだ…
スポンサーサイト

テーマ : 加藤成亮
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきよ

Author:あきよ
中世日本史研究家。
マスターズスイマー。
出会う人に笑顔と勇気と力を与える存在。

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。