undefined MIKEGRAPHY(三毛駆楽風慰) NEWS 10th ANNIVERSARY LIVE@TOKYO DOME

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWS 10th ANNIVERSARY LIVE@TOKYO DOME

大阪ライブのことを書く前に、東京での10周年イベントのことを書くことになろうとは思ってもみませんでしたが(大阪ライブは本当にいいこといっぱいでした。至近距離30cmにシゲアキの顔とか…笑)とりあえず、NEWSの結成10周年記念の東京ドームライブに行ってきたわけです。

853_convert_20130908135021.jpg

東京ドームに6万5000人。
そりゃ、やってるNEWSだけじゃなくて、見てるほうだってその人の多さに感激しますよ。だけど、ハコが大きくなって、距離感を感じて欲しくない、NEWSが遠くに行っちゃうと思って欲しくない、NEWSはずっと隣にいるし一緒に歩いて行けるところにあるんだから…というのがリーダーの慶ちゃんの挨拶でした。
そして誰よりも東京ドームでライブをやることにこだわり、4人での復活は東京ドームがいいと言いながらも昨年それが叶わなかったまっすーは、挨拶で号泣。
もうここに立てないかもしれない、NEWSとしてライブをやることはないかもしれない、それが悔しくて悲しくて辛くて、でももう1度立てたことが本当に幸せで嬉しくて、と涙ながらに語ったまっすー。
昨年の秩父宮でも一番最初に号泣しちゃったのはまっすーだったから、おそらく今回もそうじゃないのかな、と思ったらやっぱりまっすー泣いちゃうし。
でも、4人の誰よりキャリアが長くて、いろんなことを考えているまっすーだからこそ、感慨もひとしおだったんでしょうね。
今回の東京ドームも、昨年と今年ライブをやってみて、その応募人数をみて、東京ドームでやっても大丈夫、とジャニーズ事務所サイドがOKしたから実現したとのこと。
要するに、CD買ってDVD買ってライブにエントリーしなさいってことね…とリアルに思いましたが、まあ実際問題、それが一番なんでしょうね。

001_convert_20130908140741.jpg

東京ドームだけの限定スペシャルグッツはメンバー4人の声が入ったスペシャルヴォイスクロックでした。
まあアラームの代わりにメンバーの声が起こしてくれるって話なわけですけど、買って、実はすぐに電池を入れて聞いてみたわけですが。
おすすめはまっすー。
この人ののが一番普通に起きられる。
シゲのを聞いたその場にいた人全員が『締められたにわとり?』と聞き返しました。
あとはいい声のキャスターと朝からハイテンションの末っ子でございました。
ラバーバンドはメンバーとお揃いのNEWSからのプレゼント。
(実は日曜日の今日もそれが外せないでいる…なんかNEWSが傍にいてくれるみたいでね。外しちゃうと遠くなっちゃう気がしてね)
サイリウムはアンコールのときに、会場をNEWSの4色にしよう!というスタッフさんとファンの合同企画のアイテム。
実は席がスタンドだったんですけど、観てて本当に綺麗でしたよ!
恒例のペンライトのウェーブも綺麗だったし。
そして今回はマーチングバンドも2チーム合同で行われました。
東京でお世話になってるサイクルさんと、神戸でお世話になってる京都の高校生チーム(マーチングの世界大会に出場する実力派)を両方見られて私的お得感満載。
好きなんですよ、NEWSのマーチングコーナー。
去年からあったんだけど、今年はバージョンアップしててセンターステージでのマスゲーム的なものもあって、あれがあると、ああ、NEWSのライブなんだな…と思うようになりました。
今度ライブやるときもぜひ、あのマーチングはなくさないでくださいね!
あれがみたいから来年は神戸に行こうかな、と思う次第なのでありました。

852.jpg

イベントはMCのときに4人のヒストリーの写真をスライド上映したり、私物の抽選会をしたり(個人的には小山担当ではあるけれど、一番欲しかったのはシゲの写真。無論シゲのポートレートもそうなんだけど、シゲ自身が撮影した写真のパネルが欲しかった。『閃光スクランブル』の刊行記念写真展に行ったとき、シゲの文章もさることながら、この人の切り取る世界がものすごく好きだ、と感じたから)デビュー当時に衣装で歌ったり(そういえばよく考えたら、嵐も10周年のときにあのデビュー当時のスケスケ衣装、また着たよね。あれに比べたらNEWSのデビュー衣装は割とまっとうだったな…と今更思うわけで)そして何より、4人のNEWSのスペシャルソング『あいことば~手をつないで~』を歌ってくれたのが嬉しかったわけで。

ちなみに音源は15日限定でJEで配信。
ライブのときに撮影した写真は15日から今月限定でジャニーズショップで販売。
音源に関しては、NEWSサイドがどうしても、来られなかった人のためにも、と主張して、事務所サイドもNEWSのお祝いごとだから、と了承してくれたそう。
肖像権にうるさいジャニーズ事務所がフルでライブ音源をネット配信するのはこれが初だとか。

あいことばの歌詞もそうだけど、NEWSって本当にいつもファンのほうを向いてる、ファンと一緒にいるんだな、と実感します。
嵐が10周年のときにやっぱり曲を作ったけど、嵐ってどうしても『嵐の身内感』みたいなものが売りで、あの曲もそういう印象が強かったけど、NEWSって4人になって本当にファンの方をむいてるんだな、と改めて実感しました。
ファンがいて、自分たちを後押ししてくれるから4人で再始動できたし東京ドームのステージにも立てる。
どちらがいいとか悪いとかではなく、決定的な差は嵐が『幸せにしてやるよ』と言うのに対して、NEWSは『幸せになりましょう』と言っていること。
グループとしての方向性の違いはここにあるんだな、と思いました。
きっと、6人の時はそんな方向性の違いがあって、ライブも東京と大阪だけになってしまったんでしょうけど(ね、テゴちゃん?あなたが挨拶でそう言ったのよ?)今はちゃんと4人とファンが同じ方向を向いている。
だからきっとみんなが幸せでいられるんだろうな、と実感してきました。

そしてあまりにファンが好きすぎて、『これで他のグループ行ったら浮気どころじゃないからね?不倫だからね?あーやだやだ!許せない』とか言ってるのがNEWSのリーダーであり、NEWSファンのリーダーであり、我らが夫(俺の妻だから、と先に言ったのは慶ちゃんですから)の小山慶一郎さん。
でもきっと、あの中には今月アラフェス行って、嵐と不倫する人とか、年末年始に関ジャニのライブ言ってエイトと不倫する人とか、いると思いますよ、慶一郎さん。
まあ
でも一番NEWSが好きで、NEWSに戻ってくればそれでいいのかな?

なんてね。

まあいろいろありましたけど、とりあえず、10周年を迎えられて本当によかったです。

3年前は、これでNEWSの10周年はないなあ…なんて漠然と考えてたところもあったし、紆余曲折あったし、Live×3くらいのときは、不協和音があるな、とは実際感じてましたけど、それでも何かを信じたい自分がいたんだろうな。
でも人の気持ちは一度すれ違ってしまったら、そうやすやすと戻るものでもなくて。
それだったら、といっそ決断をしてしまった今を、今だからこそよかったんじゃないかなと実感しています。
まあ、ああやってドームでライブをやったのをみてきたからだとは思うんですけどね。

改めてNEWSが好きだな、と実感しました。

今日もラバーバンドがはずせません。

ここに、NEWSがいてくれるみたいで、外したらNEWSがまたどこかに消えてしまうような気がして。

ついでに、朝はボイスクロックの慶ちゃんの声で起きて、頭には昨日売り切れになってしまったヘアクリップがついていたりとかするわけで。

まあこれからどこかにいっちゃうなんて、そんなことは、うちの旦那(及び恋人?・笑)に限ってないでしょうけどね。

改めてNEWSくん。

たくさんの幸せをありがとう。

私は4人を幸せにできていますか?

これからも一緒に幸せになりましょう。

大好きだよ。


…愛してます。





スポンサーサイト

テーマ : NEWS
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきよ

Author:あきよ
中世日本史研究家。
マスターズスイマー。
出会う人に笑顔と勇気と力を与える存在。

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。