undefined MIKEGRAPHY(三毛駆楽風慰) ちょっと今イチだったかも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと今イチだったかも

『明智光秀転生』を読了しました。

ん~思ってたのとちょっと違がったかも。

フィクションとノンフィクショの中間くらいかな、と思ったら『明智光秀=天海』という大前提から話の始まってる限りなくフィクションにちかい『歴史小説』でした。
まあそう思って読めばなんてことないんだけど、最近検証ものばっかり読んでたから、ちょっと久しぶりの感覚についていけなかった(笑)

でもストーリー展開として『結局本能寺の変の被害者は織田信長と明智光秀であり、首謀者はその他の皆さん』というざっくり大雑把な感じなところは悪くなかったと思います。

結局私は、どうも『明智光秀が本能寺の変に関わっていたとしても、首謀者じゃなければいい』という個人的な願望を叶えてくれる展開なら、それでいいらしいですわ(何を今更・笑)
んで、信長と光秀が本能寺の変で結局光秀が信長に弓をむけた、ということがあったにせよ、その本能寺の変のギリギリまで仲良くしてくれていればそれでいいらしいです。

だからそういう面では、これは私の願望を叶えてくれる1冊だったのかもしれないな、とは思ってます。

でもねーあからさまに天海です、ってなっちゃう設定だけはちょっとストン、とこなかったなあ。まあね、光秀が生きていて天海になりました、という設定も私の願望っちゃ願望ですけどね。
こうなってくると、信長が生きていました的な小説もどっかっから出てきそうでちょっと怖いんですけど。

そこまでいったら完全に趣味の域になっちゃいますけど。

でもいろんな人のいろんな考え方みたいのを読めるのはやっぱり楽しいです。

で、こういうのを読んだあとに結局は『信長暗殺は光秀にあらず』とか、この前かった明智の子孫が書いたという本を口直しに読んじゃうのかもしれないですね。

光秀は本能寺の変に関係しててもいい。

だけど首謀者ではあってほしくない。

知らなかったとは思わないけど、だけど、最後まで信長を討つことになやんでいて欲しいわけです。

勝手なお願いですけどね(笑)

まあそんなこと言ったって、今日も読んでる本は本能寺の変なわけですけど。

いってきまーす。

あー今日はドキドキする(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきよ

Author:あきよ
中世日本史研究家。
マスターズスイマー。
出会う人に笑顔と勇気と力を与える存在。

最近のコメント
最近のトラックバック
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。